top of page
  • 和久 坂斉

うちの会社は今、どれぐらいの金額を金融機関から借りられるの?


お金

うちの会社は今、どれぐらいの金額を金融機関から借りられるの?


経営を行っていく上で、重要になるのが「融資」です。

必要な資金を調達出来るか出来ないかで、事業の運営方法が変わってくるからです。

その為にも、「あと、どれぐらい借りられるのか?」ということは、気になるでしょう。

今回は、「金融機関が考える借入限度額の目安」の計算方法についてお伝えします。



償還年数から計算する


計算式 : (税引き後利益 + 減価償却費) × 10


償還年数とは、債務をすべて返済するのに必要な年数で、債務を年間返済可能額(税引き後利益+減か償却費)で割ることで計算できます。

担保や保証人の有無、取引年数、取引先との関係性を考慮しない場合、金融機関が貸出可能金額の

目安としているのが、「年間返済額の10年分」です。

通常、償還年数の適正な水準は5年以内ですが、一般的に融資限度額を計算する場合は、償還年数を

10年で考えます。



月商や年商(月商倍率)から計算する


計算式 : 月商(年商÷12) × 1~6ヶ月


金融機関が感覚的に用いている「借入限度額の目安」を計算するときに、よく使われる方法です。

借入限度額を月商倍率で計算する場合は、業種業態によって範囲が広がるが、だいたい、月商の1~6ヵ月を目安としています。

営業利益率や経常利益率の高い業種の場合は、長い期間(5~6ヶ月)で計算しますし、低い業種の場合は、短い期間(1~2ヶ月)で計算します。



経常利益から計算する


計算式 : 過去3年分の経常利益の平均 × 50% × 7


融資に対して、厳しめの対応をする金融機関の場合、こちらの計算方法を使って、融資限度額の目安を計算します。

この式は「企業が年間の儲けの半分を使って、7年間で返済できる金額」を示します。

「経常利益の50%」というのは、税金支払いを考慮した金額であり、「税引き後利益」に近い数字になっています。

上記「1」や「2」の計算方法に比べて、少なめの数字になります。

経常利益が右肩上がりになっている場合は、後ろの倍率が7倍より増えてきますし、右肩下がりになっている場合は、7倍より少なくなります。


まとめ

金融機関の考え方を、ある程度把握しておけば、スムーズに融資をしてもらうことができます。

融資を申し込む際は、遠慮なくご相談ください。お手伝いさせていただきます。

閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page