top of page
  • 和久 坂斉

日本政策金融公庫の創業融資を利用してみませんか?


創業融資のポイントは“事業に対する経営者の熱い情熱”

意外かもしれませんが、本当です!


貸す側の心理

お金を貸す側にとって最も最悪なケース、それは貸したお金が返ってこないことです。

特に創業直後又は創業間もない場合には、会社の実績がないので金融機関としては当然「返済してくれるだろうか・・・」と不安になります。金融機関が創業融資に積極的でない理由はここにあります。


日本政策金融公庫の創業融資

ご存知の通り日本政策金融公庫(以下「日本公庫」)は政府系金融機関として、新規事業の創出を積極的に推し進めています。これに対し民間金融機関は創業融資に及び腰です。日本公庫が創業融資に積極的とはいえ、貸したお金を回収しなければならないことは言うまでもありません。そのため創業融資の利率は高めに設定されています。


創業融資のポイントは自己資金と社長の経歴

前述の通り、創業時は会社に事業の実績がないため、創業融資は金融機関にとって非常にリスクが高い融資であるといえます。では何をポイントに融資の可否を判断しているのでしょうか?ポイントは

1.自己資金

2.社長の経歴

3.創業計画

の3つです。


自己資金と社長の経歴は事業に対する“情熱”のバロメーター

自己資金と社長の経歴(つまりその事業の経験)は、社長がどれだけその事業に情熱をもって時間を費やし、準備してきたかのバロメーターになります。自己資金や経験なしで「お金を貸してください」と言っても、「準備不足」とか「思いつき」と判断されてしまいます。判断材料がない以上、融資担当者が重視するのは、自己資金や経歴であり、そこから社長の事業に対する“情熱”を推し量るのです。


創業計画の意義

創業計画も創業融資の際の重要なポイントです。創業計画書は創業時の融資の際に必ず必要な書類ですが、ここで重要なことは創業計画書は単なる提出書類ではないということです。というのも創業計画書は社長の“情熱”を伝える武器になりえるからです。融資を申し込むと必ず融資担当者と個別の面談があります。そこで数値的な裏付けをもって会社の未来を雄弁に語ることができれば、融資の可能性は格段に上がります。


計画書はご自身で作成することが大切!

まれに「計画書を作ってください」と依頼を受けます。作成することは可能です。どのような数字を並べても、将来のことは誰にも分らないので計画書としての体裁だけは整います。しかしいくら体裁を整えても、また売上が急拡大する計画書を作成しても、それをご自身の言葉で語れなければ意味がありません。当然売上が上がることも大切ですが、あくまでも創業計画書は将来の予測(又は希望)であり、現実になるかどうかは誰にも分りません。大切なのはやはり経営者の“情熱”なのです。ご自身で作ったものでないことは、融資の担当者であればすぐに見抜いてしまいます。折角十分な自己資金と長年の経験があったとしても、「計画書を他人任せにするなんて、あなたの情熱はそんなものか」と判断されかねません。


私たちにできること

フラワーズ税理士事務所では、創業融資サポートとして創業計画書の作成支援を行っております。

創業計画書作成のサポートだけでなく、提出書類の準備・面談対策など、融資の申込から実行までをフルサポートいたします。



さあ、“情熱”を形にしましょう!

閲覧数:28回0件のコメント

Comments


bottom of page